0120-025-159

月~金曜日09:00~21:00
(土・日・祝日・長期休暇除く)

卒業生の声

医学アカデミー卒業生の声

平成30年度 夜間課程卒業

戸田中央医科グループ
戸田中央総合病院(埼玉県戸田市)勤務 森口 亜希人 さん

『学校での学び、臨床のやりがい!』

夜間 卒業生 戸田中央  医学アカデミーは理学療法士としての知識だけでなく、人間性や社会性を身につけることができる学校です。3年間一緒に過ごした仲間とは、学校の行事や授業を通して絆は深まり、卒業した今でも相談しあったりしています。

理学療法士として、臨床の場に出た今は、患者さんに少しでも良いものを提供できるように日々勉学中です。身につけた知識や技術は患者さんに提供できるため、非常にやりがいを感じます。これからも様々な経験をして、一歩一歩前に進むために努力していきます!

平成30年度 夜間課程卒業

独立行政法人 地域医療機能推進機構
さいたま北部医療センター (埼玉県さいたま市)勤務 森竹 由紀さん

卒業生 夜間 医学アカデミー 埼玉県 就職 さいたま市『理学療法士のやりがい』

理学療法士として働かせていただき、約2か月が経ちましたが1日1日があっという間で、とても充実しています。現在は、先輩にご指導いただきながら数人の患者様を担当させていただいています。
患者様と接する中で、“もっとできることがあるのではないか”という後悔や無力感を感じることが多くあります。
しかし、患者様に寄り添い、立ち上がれたこと、歩けたこと、家に帰れる事など、一緒に一喜一憂できること、「ありがとう」といっていただける仕事ができることを誇りに思います。
学生時代勉強と仕事の両立など大変なこともありましたが、夢だった理学療法士になれて本当に良かったと思います。

 

平成23年度 夜間課程卒業

医学アカデミー 理学療法学科(埼玉県川越市)勤務 杉田 貴寛さん

卒業生 夜間 教員 医学アカデミー『母校の教員として働き始め』

大学卒業後、介護職、リハビリ助手として働きながら夜間課程に通っていました。
働きながらの学生生活は、環境も変わり戸惑うこともありましたが、毎日充実した日々だったと懐かしく思います。あの時の経験があったからこそ今の私があると感じています。
今年度より、医学アカデミーの教員として勤務しています。学生の時には気づかなかった先生方の影ながらのフォロー、臨床のセラピストの時にはわからなかった、「ひとを育てる」ということの大切さを感じながら学生に携わっています。

平成29年度 昼間課程卒業

介護老人保健施設 埼玉ロイヤルケアセンター(埼玉県三芳町)勤務 加藤健太さん

『理学療法士として働き始め』

4月から働き始め、早3ヶ月が経ちました。最近では少しずつ、利用者さんの小さな変化がみつけられることも増え、嬉しく感じると同時に、「もっと良くしてあげたい」と強く思うようになりました。毎日が勉強ですが、信頼される理学療法士を目指し頑張っています!

平成29年度 昼間課程卒業

医療法人康生会 康生会病院 勤務 鈴木美優さん(埼玉県立狭山清陵高等学校卒業)

 
『将来へのきっかけ』

高校生のとき、病院で働く理学療法士の職場見学を行う機会がありました。それまで部活を頑張っていた私は、将来どんな職業に就きたいのかなど、あまり具体的には考えていなかったのですが、この見学をきっかけに理学療法士を目指すようになりました。
この4月から理学療法士として働き始め、社会人となって2ヶ月が経ちました。知識や技術だけでなく、どのように患者様と信頼関係が築けるか日々奮闘しています。

 

平成29年度 昼間課程卒業

介護老人保健施設 瑞穂の里 勤務 伏木涼太さん

『大学4年生での進路変更』

大学4年時、進路に悩んでいた私は知人の紹介で理学療法士の仕事を知りました。
運動に興味があったことや、これからの社会を考えたときに必要となる仕事になるのではと感じ、この道を志すことに決めました。
4月から働き始め、今では毎日「責任」の重さを実感しながら仕事に励んでいます。

 

平成17年度 夜間課程卒業

川越リハビリテーション病院 勤務 石垣太郎さん

『キャリアアップ⑦』

大学卒業後、営業職に就いていましたが、他者に感謝される遣り甲斐のある職業に就きたいと思い、介護の道を志しました。
介護職として高齢者を支えているうちに、その人にあった、より良い生活にしたい、そんな思いから理学療法士の道を志しました。
介護職として働きながら資格を取得することができました。日々、遣り甲斐を感じながら業務にあたっています。

平成24年度 昼間課程卒業

介護老人保健施設 瑞穂の里 三嶋舞子さん

『きっかけ』

小さい頃から体を動かすことが好きだった為、体を動かしながら働ける仕事を探したところ、理学療法士という仕事を見つけました。遠く離れた祖母が腰痛を患っており、理学療法士になれば役に立てるのではないかという思いもありました。
理学療法士として働く中で、身体機能が回復して、できない動作ができるようになったときに、とても嬉しく感じます。女性も多い職場なので、とても働きやすいです。