0120-025-159

月~金曜日09:00~21:00
(土・日・祝日・長期休暇除く)

在校生の声

在校生紹介

地元を離れて、学生寮へ

昼間課程1年 石井さん(佐久平総合技術高等学校 臼田キャンパス高校:長野県)

入学して4ヶ月が経ち、学生寮の生活も慣れてきました。
勉強は難しいですが、寮のみんなやクラスの友達とお互いに高め合い、他者を支えることのできる理学療法士を目指しています。新しい事をどんどん吸収する喜びを感じています。

東武野田線で通学

昼間課程1年 篠崎さん(大宮中央高校:埼玉県)

七里駅から大宮駅を経由して通学しています。
約1時間の通学は予習復習をして時間を有効活用しています。
時には、同じ方面から津学している仲間と途中下車をして友情を深めています。
医学アカデミーで先生方から沢山のことを学び、信頼される理学療法士になれるようがんばります。

埼京線で通学

昼間課程1年 辻松さん(浦和東高校:埼玉県)
埼京線とスクールバスを利用して通学しています。荒川を渡るときは、田園風景が心を和ましてくれます。たまには下校の時、クラスメイトと大宮で勉強や趣味とエンジョイしています。

自分を活かした仕事

夜間課程1年 川崎さん(青森県五戸高校:青森県)
高校を卒業して3年間自衛官の任務についていました。除隊後、身体能力を活かした一生できる仕事として、理学療法士を選択しました。入学して、他者を思いやれる素晴らしい仲間と出会う事ができ、充実した日々をおくっています。

チャレンジステージ

夜間課程1年 菊地さん(上三川高校:栃木県)
高校卒業後、事務職として2年間働いていましたが、人のためになる仕事に就きたいと思い、理学療法士を目指し医学アカデミーに入りました。
入学して、はじめての学校全体行事の交流会に参加して全学生の一体感を感じることができました。

私の選択(夜間課程の魅力)

夜間課程1年 山下さん(前橋育英高校:群馬県)
昼間は学校関連施設で助手として働き、夜間は勉学に励んでいます。夜間の魅力は、クラスメイトが多彩(現役入学生・ダブルスクール生・他医療福祉職・他業種職など)な事です。同じ目標を持つ仲間は、それぞれの垣根を越え助け合いながら学ぶ事が出来ています。現役入学の私は、日々刺激を受け成長を感じながら充実した学生生活を送っています。

学びの環境

夜間課程1年 山形さん(前橋育英高校:群馬県)

学校説明会に参加したときの雰囲気がとても良く、学生寮があったので進学を決めました。
一人暮らしには不安がありましたが、生活しやすい環境で勉強と仕事に励んでいます。
心身を支えることのできる理学療法士を目指しています。

笑顔のために


夜間課程1年 伊東さん(青森山田高校:青森県)

祖母の病気がきっかけで「人のためになる仕事をしたい」と思い医学アカデミーに入学しました。
昼間は医療現場で助手として働き、夜間は学校で勉学に励んでいます。将来、1人でも多くの人の笑顔に出会えるように頑張ります。

課外授業で学んだこと

昼間課程1年 岸田さん(クラーク記念国際高校:さいたま市)

入学時少し不安がありましたがこの合宿でグループワークやソフトボールを通して多くの仲間と出会うことができ、コミュニケーションの重要性を学びました。同じ目標をもつ仲間とすてきな医療人を目指します。

昼間課程1年 武智さん(鴻巣高校:鴻巣市)

この合宿で昼間、夜間課程合同のグループワークがあり、多様な意見をまとめる難しさを学びました。この経験を生かし、1人ひとりの意見を尊重して、1人ひとりに向き合える医療職を目指します。

支援の連鎖

昼間課程1学年 大谷さん(能代松陽高等学校:秋田県)

部活動(ソフトボール)の練習中の怪我で、大会に出場でないという辛いときに理学療法士という医療職に出会い、心身ともに支えてもらいました。

私も患者さんの心と体に寄り添える理学療法士になりたいです。