0120-025-159

月~金曜日09:00~21:00
(土・日・祝日・長期休暇除く)

在校生の声

在校生紹介

働きながら勉強すること

夜間課程2年 大平さん

専門学校 理学療法学科 夜間 2年 学生

私は病院でリハビリ助手の仕事をしながら勉強しています。当初は両立に不安ばかりでしたが、仲間達と切磋琢磨し意識の高い仲間達と共に勉強することで、私自身の意識も変わっていきました。
授業で学んだことを実際に見ることができる環境に居られることは恵まれた環境だと感じています。2学年になって今、さらに向上心を持ち、仕事と勉強に取り組みたいと思います。

3年間を振り返って

夜間課程3年 柳さん(坂戸市:病院内定)

テスト、臨床実習、卒論、国試と取り組むことが多くあり心が折れそうになったこともありましが、仲間や先生方に支えられ卒業式を迎えることができました。
今、3年間を振り返ると忙しくはありましたが、充実した楽しい時間だったと思います。
学校で過ごした時間、仲間は私の一生の宝物です。みんなさんありがとうございました。

3年間を振り返って

夜間課程3年 矢野さん(さいたま市:介護老人保健施設内定)

3年前、私は理学療法士になることに夢を抱き本学の門をくぐりました。主婦として、学生として、社会人としての3足の草鞋を履き、学業に励むことは大変でした。不安と焦りで心が折れそうなときもありましたが、共に喜怒哀楽を乗り越えた仲間の存在が私を助けてくれました。

また、目標を見失いかけた時には、先生が道しるべを示し、背中を押してくださいました。とにかくそこを目指し進めばいいのだと信じることでなんとか乗り越えることができました。今、ここに卒業を迎えられるのは支えて下さった先生方や友人、そして家族のおかげだと、本当に心から感謝しています。

国家試験をおえて

昼間課程3年 伊藤くん(埼玉県出身:県立 ふじみ野高等学校出身)
高校3年生の頃『理学療法士になる』という夢を掲げて、医学アカデミー入学しました。
理学療法士を目指したきっかけは、幼稚園から高校まで続けてきたサッカーでした。怪我が多く、身体的にも精神的にも支えになってくれたのが理学療法士だったからです。
入学してからは、国家試験合格を目標に一年生の頃から、朝から晩まで勉強をしてきました。誰よりも勉強してきたという自信があります。
実習では、実際に患者様と触れ合うことで、何もできない自分に悔しさを感じたこともありました。それでも向上心をもち、勉強に取り組んできたことで「できること」や「わかること」が多くなり、ますます理学療法士になりたい気持ちが強くなっていきました。
国家試験当日はかなり緊張しましたが、今までやってきたことに自信をもって取り組んだ結果、自己採点では合格予想得点を超えることができました。しかし、これで終わりではなく、ここからが理学療法士・社会人としてのスタートになるので、更なる向上心をもって患者様と向き合い、身体的にも精神的にも支えられるようなセラピストになりたいと思っています。

 

 

臨床実習への意気込み②

昼間課程2年 山下さん(埼玉県出身:私立 埼玉平成高等学校出身)
臨床実習対策講義では、具体的な理学療法の流れや学生がつまずきやすいことなどを分かりやすく説明していただき、実習に対する不安や心配を解消することができました。また、実習のイメージが明確になりました。これから事前学習に取り組み、準備をしっかりと行い実習先で多くを学べるよう頑張りたいと思います。

 

 

臨床実習への意気込み①

昼間課程2年 大谷さん(埼玉県出身:県立 入間向陽高等学校出身)
初めての長期実習に臨むにあたり、知識不足が凄く不安でした。しかし、特別講義で先生方が実習の目的を教えてくださったり、疾患に対しての評価項目を皆で考えたり意見を出し合う場を設けて頂き自分の間違えや知識不足を補うのにとても良い機会になりました。まだ少し、不安はありますが対策を受けて実習が楽しみになりました。

 

 

国家試験への意気込み①

昼間課程1年 廣田さん(埼玉県出身:県立 ふじみ野高等学校出身)
国家試験まであと66日となりました。
長期の臨床実習を経て、実際現場に立ち、理学療法士になりたいという思いが、より強くなりました。
現在、国家試験に向けて1日10時間(学校での特別講義、グループ学習など)を目標に勉強に励んでいます。
今は不安が大きいですが、誰よりも勉強して、自信を持って本番に臨めるよう努力していきたいです。

 

 

臨床実習Ⅰを終えて④

昼間課程1年 蜷川さん(埼玉県出身:県立 所沢西高等学校出身)

今回の実習は一言で表せば「百聞は一見にしかず」ということを改めて感じました。普段、学校生活ではみることができないもの、体験できないことをたくさん経験させて頂きました。この貴重な経験を今後の学習に活かしていきたいと思います。

臨床実習Ⅰを終えて③

昼間課程1年 小澤さん(埼玉県出身:県立 川越西高等学校出身)

実習を通して情報収集や評価立案の大切さと難しさを学ぶことが出来ました。普段の授業では学べない実際の臨床の雰囲気を感じて理学療法介入について深く知ることが出来ました。改めて「理学療法士になりたい」と思う気持ちが強くなりました。

臨床実習Ⅰを終えて②

昼間課程1年 齋藤さん(茨城県出身:県立 下妻第二高等学校出身)

臨床実習Ⅰでは患者様とコミュケーションを取らせて頂き、情報収集と医療面接を実践し、理学療法検査測定項目の立案とそのデータを予測するものでした。
私はとても緊張してしまうので患者様とうまくコミュニケーションを取ることができるのか不安でしたが、実際に話をしてみると患者様から話をしてきてくれたりしたためうまくコニュニケーションを取ることができましました。また、ROM-tやMMTの測定では、患者様に行うのは初めてだったので、難しかったです。
今回の実習を終えて自分の勉強不足というものを感じたため日々の勉強がとても大切だと思いました。この経験を生かしもっと計画的に勉強していきたいと思います。